一般社団法人
発達改善支援協会

〒263-0053 千葉県千葉市稲毛区柏台1-5-101
 

お気軽にお問合せください(サンタクロース内)

043-215-7139
受付時間
9:00~17:00
定休日
日曜・祝日

協会日記

姿勢が悪いと起こる事

河野俊彦著「姿勢を診て手当てする」

皆様にご紹介したい本があります。
河野俊彦著「姿勢を診て手当てする」

この本には、姿勢の悪さが様々な疾患を起こすことを科学的に書かれています。その中で、発達障害を考えると、発達障害の子供たちのほとんどは、姿勢が良くありません。姿勢が良くないと、そして、よく歩かないと、腸腰筋と言うお腹の筋肉が弱くなってしまいます。腸腰筋と言う筋肉は、骨盤を腰の骨をしっかりと前に前曲させるさせることによって様々な臓器が落ちてくるのを防いでくれています。ですので姿勢が悪くなると、腎臓が下がってきて腸を圧迫して、それによって便秘や下痢などそして下肢の冷えなど様々な疾患を起こします。

この姿勢を改善する最も良い方法は、歩く事です。歩く事によって、常に姿勢は良くなりやすく、また歩くことによって足の親指を使うことで、脳の働きもぐんぐん良くなります。

 以前にもお話ししましたが、成人の方の1日の歩行目標は、10,000歩と言われています。子供に関しては、35,000歩と言われていますですので、ほとんどの時間子供は、遊んでいるか走り回っていることによって、その能力健康を獲得していくと考えられます。

多くの皆さんが持っている腰痛も同様です。腰痛の原因のほとんどは、運動不足・座っていることが原因でしょう。ですので、なるべく歩く・立つということをして、また大人の場合は座っていることによって、骨盤がどんどん緩んでいきその骨盤底筋が内臓を支えている器の1番下になるので、その筋が弱ってくると、様々な問題、女性では尿漏れや子宮が上がっていくなど、様々な問題が起こるでしょう。いかに歩くということが、健康に良くて、発達障害や様々な疾患を直していく方法だと言うことを知って、なるべくたくさん、できればコンクリートの場所ではなく土屋草の上や、アップダウンのあるところを歩くことによって、様々な機能を鍛えていただくことが重要です。姿勢が良くない子はほとんどの場合骨盤が歪んでいますので、子供整体などをしたあげたり、また仙骨と言われる1番中心になる腰の骨をゆっくり揺らしてあげることによっても、筋の周辺の緊張が取れてバランスが取れてきます。

第1回 子供整体師研修会を開催しました! 

講師の磯野先生


 8月26日(土)に、子供整体師第1回目の研修会が開催されました。
たくさんの方にご参加いただき、本当にありがとうございます!今回は、足腰が良くなるように、簡単に骨盤を軽く調整したり、足の裏を立ちやすく調整することによって姿勢が良くなる方法を学びました。この方法は、子供や大人、ご高齢の方にも簡単に利用することができるので、とても効果的な方法です。
まだ2回目、3回目とセミナーはあります。1回目に出ていない方でも、2回目3回目では復習を含めわかりやすく説明していきますので、少しでも子供の体の歪みを良くしてあげたいと言う方はぜひご参加ください。

 先日、千葉大学で40年以上人体解剖を行っていた先生とお話しする機会がありました。
その先生曰く、最近の女性の9割の子宮は斜めに上がっていると言うことでした。
それが不妊や様々な子供の障害を生み出す原因の1つになっているのではないかとも考えられます。
ですので、小さい頃から姿勢を良くする事と、歩く事はとても重要です。発達障害改善にも姿勢を良くする事と歩く事は重要なキーワードになります。ぜひこの機会に、ご自身・ご家族の為にも子供整体を学んでみて下さい。

お電話でのご予約・お問合せ

043-215-7139

●受付時間 9:00~17:00
●定休日 日・祝日

お問合せ・ご予約

043-215-7139

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

043-215-7139
住所

〒263-0053
千葉市稲毛区柏台1-5-101
サンタクロース内

弊社へは総武線稲毛駅から
京成バス ファミールハイツ行
約15分

受付時間

午前 9:00~12:00
午後 13:00~17:00

定休日

日曜・祝日